保守運用事業

当社ではシステムの構築に加えて、構築したシステムの保守・運用も行っております。
近年、セキュリティの脆弱性がソフトウェアやミドルウェアで発見される
ケースが増えてきております。
こういったケースの解決は、高度な専門性を必要とするため、
プロフェッショナル集団である当社へぜひお任せください。

保守・運用とは

運用を開始したシステムの保守範囲は非常に多岐にわたります。
当社では、お客様のシステム保守をお請けする際には、ご契約単位にコンサルタント兼エンジニアを
最低1名専属で担当させております。

専属の担当者を置くことで、御社のシステムを熟知した、いわば「お客様のシステムの専門家」となり、
多岐にわたる業務も迅速に対応することができます。

さらに、専属の担当者がいることで例えば突発的なアクセス集中による負荷や、
思わぬアクシデントに対する緊急対応が発生した際も、解決に向けた即応性の高い
具体的な初動を取ることが可能です。

その他、定期的なデータの更新・リサーチ・集計といったルーティンワークも運用業務としてお引き受けしております。

お客様からご信頼頂いているポイント

当社が考える理想の保守像とは、ずばり提案型の保守です。
めまぐるしく移り変わる業界の動向を見ながら、ユーザ様の多種多様なニーズにこたえ続けていくには、
それ相応のノウハウが必要です。

当社は100以上のシステムを見てきており、ユーザー目線でのアプローチやシステム的な改善策など
机上論ではない生きたノウハウがございます。

トレンドの導入やシステムのエンハンスなどを積極的にご提案させて頂きます。